スマホ代節約の方法5選。見直しポイントも合わせて解説

スマホ代節約の方法5選。見直しポイントも合わせて解説

スマホの普及により、インターネット通信を気軽に楽しめるようになりました。

一方で、スマホは契約するプランによって月々の料金が大きく異なるため、どのような基準で選んだらよいのか、どうすれば節約できるのか、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

スマホの料金を抑えるためには、利用者の使用頻度やライフスタイルに合わせたプランの選択が重要です。この記事では、スマホ代の節約方法について詳しく解説します。

携帯料金やスマホ代、みんなは平均でいくら支払っている?

携帯料金やスマホ代、みんなは平均でいくら支払っている?

2021年に総務省で調査された「携帯電話の料金等に関する利用者の意識調査」を見ると、スマホの利用料金とスマホ代を合計した総支払額の平均は、月額でおよそ5,824円でした。

また、スマホを利用した音声通話やデータ通信などの通信料金は月額でおよそ3,297円、スマホの本体代金は月額でおよそ2,717円という結果になっています。

2019年の調査と比較した場合、「総支払額」「通信料金」「端末代金」などの平均金額は減少しています。しかし、「スマホ代の負担が大きい」と感じている方もいるでしょう。実際、月々にかかる音声通話やデータ通信などの通信料金にかかる負担を軽減するために、携帯電話会社を乗り換える人も増えています。

参考:携帯電話の料金等に関する利用者の意識調査

携帯料金の月々の平均額や見直し方法などは、以下リンクから詳細をご覧ください。

> 携帯料金が高い?月々の平均額や見直し方法を解説

スマホ代が高くなる要因

スマホ代が高くなる要因

スマホ代が高額になる場合、どういった要因があるのでしょうか。

ここでは「通話時間の長さ」「不要なオプションや過剰なプラン」「機種代金の高さ」の3つの観点から詳しく紹介します。

通話時間の長さ

多くの通信事業者では、国内への通話は30秒ごとに22円(税込み)の通話料金が発生します。

使用した通話料に応じて通話料が計算されるため、通話時間が長引くほど通話料金は高くなる仕組みです。かけ放題プランやオプションの利用で通話料金が軽減できるものの、利用頻度に合っていないオプションを選んでしまえば、結果的に料金は割高になってしまいます。

そのため、通話をすることが多い方や通話時間が長い方は注意が必要でしょう。

不要なオプションや割高プランなど、利用状況使用内容に合っていないプラン

契約するプランのデータ容量に応じて、月々にかかる利用料金は変動します。そのためデータ使用量が多いほど利用料金は高くなります。もちろん、データ容量を使い切っていれば問題ありませんが、毎月多くを余らせているのであれば、無駄な支払いが発生している状態といえます。

反対に、利用料金の負担を軽減するために、データ容量の小さいプランを契約する方もいるでしょう。しかし、もし頻繁にデータリチャージ(追加のデータ容量購入)を行っているのであれば、かえって割高になってしまいます。この場合は、上位のプランへの変更を検討すべきです。

これらのように、利用状況に見合わないプランを選んでいるために割高になってしまうケースがあります。

なお、プランの他に「オプション」にも注意が必要です。スマホを購入する際に、「サポートが充実する」「特典が受けられる」などの案内を受け、なんとなくオプションを付けたという方もいらっしゃるでしょう。

オプションを使いこなしているのであれば問題ありませんが、もし全く使っていないのであれば、オプション代金の分だけ損をしていることになります。このように不要なオプションのせいで月々の料金が高くなっているケースもあるのです。

高すぎるスマホの本体代金

冒頭でお伝えしたように、月々のスマホの通信料金の平均額が3,297円であるのに対して、スマホ本体の平均額は2,717円と、約500円の差しかありません。つまり、月々の支払いの半分近くはスマホ機種代なのです。

現在販売中のスマホの中には、10万円を超える高額なものも存在します。高額な代金を分割で支払っている場合も、月々のスマホ代が高くなりがちです。

スマホ代の節約方法5選

スマホ代の節約方法5選

スマホ代を節約する方法として、ここでは5つの方法を取り上げます。

現在の契約内容を見直すものから、スマホの使い方を少し変えるものまでさまざまな手法がありますので、自分にとって取り組みやすそうなものを探してみてください。

格安SIMに切り替える

スマホ代の節約において、格安SIMへの乗り換えは大変効果的です。格安SIMは大手通信事業者に比べて利用料金が安いため、月々のスマホ代を抑えることができます。

以下で、格安SIMを利用した場合の利用料金の例を紹介します。

  1. ・月額データ容量が4~5GBの場合
    月額料金:約1,000~1,500円
  2. ・月額データ容量が20GBの場合
    月額料金:約2,000~3,000円

前述した音声通話・データ通信の月額平均の3,297円と比べると、最大で2,000円ほど安くなることになります。

参考:「移動通信分野における接続料等と利用者料金の関係の検証」の対象サービス等について(案)

格安SIMとは?

格安SIMとは、大手通信事業者の設備を借りて安価に通信サービスを提供するものです。格安SIMサービスを提供する事業者は、「MVNO(仮想移動体通信事業者)」と呼ばれています。

設備を提供しているのは、大手通信事業者である「NTTドコモ」「au」「SoftBank」です。格安SIMはこれらの通信事業者から設備を借り受け、独自のプラン・特徴を加えてサービスを展開しています。設備投資費や人件費などの出費を抑えているからこそ、サービスを安く提供できるのです。

格安SIMについて詳しく知りたい方は、以下リンクから詳細をご覧ください。

> 格安SIMとは?

> 格安SIMのメリット・デメリット まとめ ~切り替える前に知って賢く選ぼう~

より安いプランやオプションの解約なども検討

スマホ代を安くするためには、料金プランの見直しも効果的です。

例えば、月々利用しているデータ通信量が3GBほどであれば、10GBや20GBなど大容量のプランを契約していても無駄になってしまいます。このような場合、データ容量の少ないプランに切り替えたほうが、毎月の料金負担が軽減され、スマホ代の節約になるのです。

利用料金の見直しは、データ通信の使用量を事前に把握していなければできません。毎月のデータ使用量を確認する場合は、携帯電話会社のマイページにアクセスしてみましょう。なお、契約プランの変更はオンラインでも可能です。

また、加入しているオプションを改めて確認すると、不要なものが見つかる場合もあります。これらを見直して適宜解約することで、月々の料金を抑えることができます。

通話をアプリ主体に変更

近年では、「LINE」「Skype」などさまざまな無料通話アプリが提供されています。これらのサービスを利用すれば、通話料がかかりません。

ただし、無料通話アプリを利用する際は、通話する相手も同じ通話アプリを持っている必要があります。また、無料通話アプリはデータ通信を利用した通話のため、通信状況が安定しない場合があるのでご注意ください。

安いスマホを選ぶ

スマホを購入する際に、「最新の機種の方が使いやすい」と考える人は多いかもしれません。しかし近年では、低価格帯でも品質が高く、コストパフォーマンスのいい製品が多数登場しています。

スマホを購入する際に、最新機種にこだわらず安価な製品を選ぶことで、月々の負担を抑えられるでしょう。

ただし、高性能カメラを使いたい場合や、負荷の大きな3Dゲームで遊びたい場合は、最新機種の方が適していることもあります。自分がスマホをどのように使うのか、考えたうえで機種を選びましょう。

割引を有効活用する

一部の通信事業者では、スマホと固定インターネットを一緒に契約した場合に、セット割が適用されることがあります。サービスによって異なりますが、おおよそ月々500~1,000円程度の割引となります。インターネットの契約を見直す必要があるものの、長期的に見るとお得になるケースも多いのではないでしょうか。

また、セット割が家族それぞれに適用されるケースもあります。例えば一人当たり1,100円の割引を家族3人に適用した場合、月々3,300円もお得になるのです。

このほかにも、「家族割」「夫婦割」など、家族で同じ事業者を使うことが条件の割引もあります。契約する際は、利用条件を詳しく調べたうえで携帯電話会社の選択をし、対象プランへ加入しましょう。

格安SIMならLIBMO

スマホ代の負担を軽減したい場合は、低価格で利用できる「LIBMO」がおすすめです。

LIBMOは安心のNTTドコモ回線を使用した格安SIMサービスです。小さい容量のプランから、大容量プランまで、幅広いプランをリーズナブルな料金で提供しています。

キャンペーン期間中であれば、スマホ本体の値引きが適用されるため、格安で使い始めることができます。

LIBMOについて詳しく知りたい方は、ぜひこちらのリンクから詳細をご覧ください。

> LIBMO公式サイト

より節約したい方にはデータ通信専用SIMも

スマホ代をもっと節約したい場合、データ通信専用SIMを使うという手もあります。

データ通信専用SIMはデータ通信のみがおこなえるため、通話機能がありません。その分、音声通話機能付きSIMよりも月々の料金が安い点が特徴です。

LIBMOのデータ通信専用SIMの料金プランは以下からご確認ください。

> LIBMO料金プラン一覧

データ通信専用のSIMの詳細は、こちらの記事で詳しく解説しております。

> データ通信専用のSIMとは_通常のSIMとの違いやメリット・デメリットをご紹介

まとめ

今回はスマホ代を節約する方法を5つ紹介しました。上位のプラン、ハイスペックなスマホ、さまざまなオプションなどは、利便性は高いものの、費用の負担を大きくしてしまう要因にもなります。契約内容と自分の利用状況を照らし合わせて、定期的に料金を見直すようにしましょう。

節約方法の中でも、格安SIMサービスの利用は、利便性を大きく下げることなく月々の料金を抑えられるのでおすすめです。

格安SIMを検討する際は、ぜひLIBMOをチェックしてみてください。

  1. ※本記事の情報は2024年5月23日時点のデータに基づくものです。
  2. ※掲載中のキャンペーンは予告なく変更になることがあります。
    ご利用前に、必ず適用条件をLIBMOの公式ページでご確認ください。
PAGE TOP

お申込み手続きにお進みいただきありがとうございます。

お選びいただくプランに応じて最適なプログラムを適用いたします。
お申込みされるプランをお選びください。

1音声通話機能は利用されますか?

▼

2ご契約されるプランをお選びください。

ゴーゴープランをお申込みいただく場合、現在ご利用いただけるキャンペーンはございません。
▼

3LIBMOの契約とあわせて、LIBMOのスマートフォン本体を購入されますか?

スマホ本体をセール特価で購入いただけます
音声通話機能付きSIMをお申込みいただく方が対象です。
なっとくプラン(20GB)またはなっとくプラン(30GB)でお申込みいただく場合、最大2万円を割引します。
iPhoneシリーズはスマホ大特価セールの対象外です。
「生活応援キャンペーン第3弾」とは併用いただけません。
ご希望のスマホが在庫切れの場合、この先の手続き画面にて対象のスマホを選択できませんので、予めご了承ください。
セール価格でのご購入は、お1人様1台限りとさせていただきます。
当社が転売目的の購入と判断し得る場合、お申込みをお断りさせていただくことがございます。
回線の利用を開始いただけない等、お客様事由により契約が成立しない場合、スマホ大特価セールの適用を取り消し、お支払い済の本体価格と通常の本体価格との差額を請求いたします。
「スマホ大特価セール」について、詳しくはこちらでご確認いただけます。
▼

4「生活応援キャンペーン第3弾」で付与されるポイントの受け取り方法をお選びください。

生活応援キャンペーン第3弾が適用されます
ご利用開始月を1ヶ月目として、7ヶ月目の月末頃にTLCポイントを付与いたします。
この先の手続き画面でお選びいただくプランに応じて、付与されるポイント額が自動的に決定いたします。
「スマホ大特価セール」とは併用いただけません。
「生活応援キャンペーン第3弾」について、詳しくはこちらでご確認いただけます。
【参考】プラン別の付与ポイント数
 なっとくプラン( 3GB) : 2,500ポイント
 なっとくプラン( 8GB) : 5,000ポイント
 なっとくプラン(20GB): 7,500ポイント
 なっとくプラン(30GB):10,000ポイント
生活応援キャンペーン第3弾が適用されます
ご利用開始月の翌月から最大24ヶ月間、毎月末頃にTLCポイントを付与いたします。
この先の手続き画面でお選びいただくプランに応じて、付与されるポイント額が自動的に決定いたします。
「スマホ大特価セール」とは併用いただけません。
「生活応援キャンペーン第3弾」について、詳しくはこちらでご確認いただけます。
【参考】プラン別の付与ポイント数  なっとくプラン( 3GB) : 2,640ポイント(110pt×24回)
 なっとくプラン( 8GB) : 5,280ポイント(220pt×24回)
 なっとくプラン(20GB): 7,920ポイント(330pt×24回)
 なっとくプラン(30GB):10,560ポイント(440pt×24回)

4「生活応援キャンペーン第3弾」で付与されるポイントの受け取り方法をお選びください。

生活応援キャンペーン第3弾が適用されます
ご利用開始月を1ヶ月目として、7ヶ月目の月末頃にTLCポイントを付与いたします。
この先の手続き画面でお選びいただくプランに応じて、付与されるポイント額が自動的に決定いたします。
「スマホ大特価セール」とは併用いただけません。
「生活応援キャンペーン第3弾」について、詳しくはこちらでご確認いただけます。
【参考】プラン別の付与ポイント数
 なっとくプラン( 3GB) : 2,500ポイント
 なっとくプラン( 8GB) : 5,000ポイント
 なっとくプラン(20GB): 7,500ポイント
 なっとくプラン(30GB):10,000ポイント
生活応援キャンペーン第3弾が適用されます
ご利用開始月の翌月から最大24ヶ月間、毎月末頃にTLCポイントを付与いたします。
この先の手続き画面でお選びいただくプランに応じて、付与されるポイント額が自動的に決定いたします。
「スマホ大特価セール」とは併用いただけません。
「生活応援キャンペーン第3弾」について、詳しくはこちらでご確認いただけます。
【参考】プラン別の付与ポイント数  なっとくプラン( 3GB) : 2,640ポイント(110pt×24回)
 なっとくプラン( 8GB) : 5,280ポイント(220pt×24回)
 なっとくプラン(20GB): 7,920ポイント(330pt×24回)
 なっとくプラン(30GB):10,560ポイント(440pt×24回)

3LIBMOの契約とあわせて、LIBMOのスマートフォン本体を購入されますか?

スマホ本体をセール特価で購入いただけます
音声通話機能付きSIMをお申込みいただく方が対象です。
なっとくプラン(3GB)またはなっとくプラン(8GB)でお申込みいただく場合、最大1万円を割引します。
iPhoneシリーズはスマホ大特価セールの対象外です。
「生活応援キャンペーン第3弾」とは併用いただけません。
ご希望のスマホが在庫切れの場合、この先の手続き画面にて対象のスマホを選択できませんので、予めご了承ください。
セール価格でのご購入は、お1人様1台限りとさせていただきます。
当社が転売目的の購入と判断し得る場合、お申込みをお断りさせていただくことがございます。
回線の利用を開始いただけない等、お客様事由により契約が成立しない場合、スマホ大特価セールの適用を取り消し、お支払い済の本体価格と通常の本体価格との差額を請求いたします。
「スマホ大特価セール」について、詳しくはこちらでご確認いただけます。
▼

4「生活応援キャンペーン第3弾」で付与されるポイントの受け取り方法をお選びください。

生活応援キャンペーン第3弾が適用されます
ご利用開始月を1ヶ月目として、7ヶ月目の月末頃にTLCポイントを付与いたします。
この先の手続き画面でお選びいただくプランに応じて、付与されるポイント額が自動的に決定いたします。
「スマホ大特価セール」とは併用いただけません。
「生活応援キャンペーン第3弾」について、詳しくはこちらでご確認いただけます。
【参考】プラン別の付与ポイント数
 なっとくプラン( 3GB) : 2,500ポイント
 なっとくプラン( 8GB) : 5,000ポイント
 なっとくプラン(20GB): 7,500ポイント
 なっとくプラン(30GB):10,000ポイント
生活応援キャンペーン第3弾が適用されます
ご利用開始月の翌月から最大24ヶ月間、毎月末頃にTLCポイントを付与いたします。
この先の手続き画面でお選びいただくプランに応じて、付与されるポイント額が自動的に決定いたします。
「スマホ大特価セール」とは併用いただけません。
「生活応援キャンペーン第3弾」について、詳しくはこちらでご確認いただけます。
【参考】プラン別の付与ポイント数  なっとくプラン( 3GB) : 2,640ポイント(110pt×24回)
 なっとくプラン( 8GB) : 5,280ポイント(220pt×24回)
 なっとくプラン(20GB): 7,920ポイント(330pt×24回)
 なっとくプラン(30GB):10,560ポイント(440pt×24回)

4「生活応援キャンペーン第3弾」で付与されるポイントの受け取り方法をお選びください。

生活応援キャンペーン第3弾が適用されます
ご利用開始月を1ヶ月目として、7ヶ月目の月末頃にTLCポイントを付与いたします。
この先の手続き画面でお選びいただくプランに応じて、付与されるポイント額が自動的に決定いたします。
「スマホ大特価セール」とは併用いただけません。
「生活応援キャンペーン第3弾」について、詳しくはこちらでご確認いただけます。
【参考】プラン別の付与ポイント数
 なっとくプラン( 3GB) : 2,500ポイント
 なっとくプラン( 8GB) : 5,000ポイント
 なっとくプラン(20GB): 7,500ポイント
 なっとくプラン(30GB):10,000ポイント
生活応援キャンペーン第3弾が適用されます
ご利用開始月の翌月から最大24ヶ月間、毎月末頃にTLCポイントを付与いたします。
この先の手続き画面でお選びいただくプランに応じて、付与されるポイント額が自動的に決定いたします。
「スマホ大特価セール」とは併用いただけません。
「生活応援キャンペーン第3弾」について、詳しくはこちらでご確認いただけます。
【参考】プラン別の付与ポイント数  なっとくプラン( 3GB) : 2,640ポイント(110pt×24回)
 なっとくプラン( 8GB) : 5,280ポイント(220pt×24回)
 なっとくプラン(20GB): 7,920ポイント(330pt×24回)
 なっとくプラン(30GB):10,560ポイント(440pt×24回)

2ご契約されるプランをお選びください。

なっとくプラン(ライト)をお申込みいただく場合、現在ご利用いただけるキャンペーンはございません。
▼

3「生活応援キャンペーン第3弾」で付与されるポイントの受け取り方法をお選びください。

生活応援キャンペーン第3弾が適用されます
ご利用開始月を1ヶ月目として、7ヶ月目の月末頃にTLCポイント(2,500ポイント)を付与いたします。
「スマホ大特価セール」とは併用いただけません。
「生活応援キャンペーン第3弾」について、詳しくはこちらでご確認いただけます。
生活応援キャンペーン第3弾が適用されます
ご利用開始月の翌月から最大24ヶ月間、毎月末頃にTLCポイント( 毎月110ポイント×24回 )を付与いたします。
「スマホ大特価セール」とは併用いただけません。
「生活応援キャンペーン第3弾」について、詳しくはこちらでご確認いただけます。
申込み手続きに進む

※この先の画面で適用するプログラムの変更はできません。お間違いないことを確認の上、お進みください。
※一部のプログラムは、この先の申込画面の料金シミュレーションには表示されませんので、あらかじめご了承ください。