• LIBMOかけ放題サービスにおける標準電話アプリへの対応について

お知らせ

LIBMOかけ放題サービスにおける標準電話アプリへの対応について

2021年04月28日

お客様各位

平素は、LIBMOをご愛顧いただき誠にありがとうございます。
2021年4月28日より、LIBMOにおいてスマホの標準電話アプリで国内通話※1をご利用いただく場合、LIBMOのプレフィックス番号(003545)が自動で付加されるようになりました。
これにより、「10分かけ放題」または「かけ放題ダブル」(以下、総称して「LIBMOかけ放題サービス」といいます)利用の際に専用アプリ「0035でんわアプリ」をご使用いただく必要がなくなり、一般的な連絡先アプリからの発信や、標準電話アプリにおける相手先番号のプッシュのみでも発信できるようになり、利便性が向上いたしました。

  • ※1 国内通話の対象は、携帯電話や固定電話(例 03-〇〇〇〇-××××)を指します。
    0120(フリーダイヤル)や0570(ナビダイヤル)等は「LIBMOかけ放題サービス」の対象外となります。

■変更日
2021年4月28日(水)

■注意事項
  • ・「LIBMOかけ放題サービス」をご利用中のお客様が、発信時にお客さまの操作によりLIBMOのプレフィックス番号を付加される場合、または「0035でんわアプリ」経由で発信いただく場合も「LIBMOかけ放題サービス」の対象通話としてご利用いただけます。
  • ・「LIBMOかけ放題サービス」をご利用中またはご利用予定の方は事前に該当サービスページ内の注意事項(下記URL参照)をご確認いただきますようお願いします。
  • ▽10分かけ放題についてはこちら https://www.libmo.jp/option/denwa/
  • ▽かけ放題ダブルについてはこちら https://www.libmo.jp/option/kakehoudai/
  • ・国際電話につきまして、「LIBMOかけ放題サービス」の利用状況や発信方法によって接続先事業者が異なります。下表にて接続事業者毎の通話料をご確認のうえでご利用ください。いずれの場合も国際電話の通話料は「LIBMOかけ放題サービス」の対象外となりますのでご注意ください。
国際電話の通話料

LIBMOかけ放題サービスの利用有無

【発信方法別】接続先事業者の通話料参照先URL

有り

発信方法に応じて以下の通話料となります。

・標準電話アプリから相手先の国番号を付けて発信する場合

https://www.nttdocomo.co.jp/service/world/worldcall/call/

・標準電話アプリに003545を付加し相手先の国番号を付けて発信する場合※2
・0035でんわアプリで相手先の国番号を付けて発信する場合※2

https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/voice/denwa/charge.html

無し

標準電話アプリから相手先の国番号を付けて発信する方法のみとなります。

https://www.nttdocomo.co.jp/service/world/worldcall/call/

  • ※2 国際電話は自動でプレフィックス番号が付与されませんので、お客さまの操作によりLIBMOのプレフィックス番号を付加(0035でんわアプリを使うなど)して発信ください。

今後ともLIBMOをご愛顧いただきますようお願い申し上げます。

以上

※お知らせに記載された情報は、掲載日時点のものです。
サービスの内容、料金、仕様などの情報は変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

PAGE TOP