【重要】リカバリーコードの作成方法

操作手順

重要 :リカバリコードは、万が一マスターパスワードを忘れてしまった場合に、ID GUARDを再び使用できるようにするための手段です。
ID GUARDのインストールが完了したら、すぐにリカバリコードを作成することをおすすめします。
リカバリコードは、安全な場所(オンラインのバックアップサービスやUSBメモリなど)にバックアップを取得するようにしてください。

  1. 【Windows版/Mac版】メニューの「設定」から「リカバリコードの作成」を選択してください。
    画面右にリカバリコード(二次元バーコード)が生成されるので、「保存」をクリックしてください。マスターパスワードを入力し、画像を安全な場所に保存してください。

  2. 【Android版/iOS版】メニューから「設定」をタップし、「リカバリコードを作成」をタップしてください。マスターパスワードを入力すると、画面にリカバリコード(二次元バーコード)が表示されるので、「画像として保存」をタップしてください。

ID GUARDのインストール
ID GUARDの利用方法について
「F-Secure KEY」から「ID GUARD」への切り替え・データ移行

PAGE TOP