【ID GUARD】Windows版のオートフィル設定方法

操作手順

オートフィルの設定をすることでWebサイトに対してID GUARDに保存されているユーザ名とパスワードが自動的に入力されるようになります。

    ID GUARDとブラウザの設定

  1. メニューの「設定」から「一般設定」を選択してください。設定項目のオートフィルまでスクロールします。

  2. オートフィルオプションより「ブラウザのオートフィルを有効にする」を選択するとブラウザプラグインのインストールボタンが表示されるので、 ご利用のブラウザのアイコンの右にある【拡張機能をインストールボタン】をクリックしてください。

    ※オートフィルは、Google ChromeとFirefoxをサポートしています。

  3. ※ここからは「Chromeの拡張機能をインストール」を選択した場合を説明します。

  4. Chromeで拡張機能のインストールページが開きますので、画面の右上にある「Chromeに追加」ボタンをクリックしてください。

  5. 「「Password Manager by F-Secure」を追加しますか?」というポップアップが表示されますので、「拡張機能を追加」をクリックしてください。

  6. 機能拡張を有効にするために認証をおこないます。メニューの「設定」から「一般設定」を選択してください。 認証コードの「クリップボードにコピー」ボタンをクリックしてください。

  7. ブラウザのIDアイコンをクリックして表示されるテキストボックスに、コピーした認証コードを貼り付けて、 「認証」をクリックしてください。以上で設定が完了です。

  8. ブラウザでの表示例

  9. ID GUARDに登録されたWebサイトの場合、IDアイコンをクリックすることで、登録されたパスワード情報が表示されますので、選択・クリックすると自動で入力されます。

ID GUARDのインストール
ID GUARDの利用方法について
「F-Secure KEY」から「ID GUARD」への切り替え・データ移行

PAGE TOP